カテゴリー別アーカイブ: パソコン

弥生消費税率10%延期対応

弥生株式会社から消費税率10%への引き上げを2017年4月から2019年10月に再延期することに伴う延期対応プログラムの提供について告知がありました。

延期法案が「弥生17シリーズ」発売前に可決・成立した場合は「弥生16シリーズ」においても「あんしん保守サポート」に加入中であれば無償提供。

つまり、延期法案の可決・成立時期によって「弥生16シリーズ」でも対応するかどうかが決まるということのようです。

弥生シリーズをご使用中の方は延期法案が可決・成立する時期に注意が必要です。

 


Windows10

ノートパソコンでWindows10のアップグレードが表示されていたので本日アップグレードしてみました。

アップグレードは無事に済みましたが、検索をしようと文字を入れてみると表示されない文字があることに気が付きました。キーボード設定が正しくなかったようです。無理やりキーボードを設定しなおしたのがトラブルのはじまり。設定後の再起動を行っている最中にパスワードを入力するところで、キーボード設定が正しくないためにパスワードが入力できなくなってしまいました。パスワードは*****で表示されるためになにが入力されているかわかりません。

解決策としては、電源を一度切り、デスクトップ用のUSBキーボードを挿すというものでした。USBキーボードは正しく認識されますのでパスワードが入力できます。

結局、Windows10のキーボードの設定には適切なものがないことがわかったので、1か月限定の「回復」という方法でもとのWindows7に戻しました。ノートパソコンのアップグレードは気を付けて行いましょう。


自分でホームページを作るなら

最近、事業をはじめるとホームページを作る方が増えてきました。

業者に頼むと20-40万円というところでしょうか?毎月維持費がかかる場合もあります。

かといって、見栄えのよいホームページを作る自信もない。

そういう時に、おすすめなのが、Jimdoというホームページ会社が提供してるホームページ作成機能、独自ドメイン、独自ドメインメールアドレスが提供されて、月額945円というサービスです。

また、はじめてWEBというサイトから申し込むと1年間無料で上記サービスが利用できます。

注意点ですが、ドメイン決定画面の初期ドメインである.jpにしてしまうと、更新時に年間6300円のドメイン維持管理料を支払う必要があります。.com .org .net .info .biz であれば、ドメイン維持管理料は不要です。.jpがどうしても必要な場合以外は.comあたりでもよいのではないでしょうか?

.jp以外のドメインを選択する場合は、kawaguchi.comなど強引に指定したいドメインを入力すると.jpが消えます。

費用は2015/6月現在のものです。


パソコンの不具合

先日、パソコンの電源が頻繁に落ちる事象に見舞われました。

数か月前にも同じようなことが起こり、保証期間内だったのでメーカーに見てもらいましたが、その時はwindowsアップデートの一部が不具合の原因ではないかと言われました。

今回も同じような感じだったのですが、電源を入れてすぐ落ちる場合もあり、ソフトの不具合というよりはハードの不具合ではないかと思い、メモリを1本抜いてみたり、いろいろ試してみましたが根本的な解決には至りませんでした。

ネットで同じような不具合を探してみると、パソコンの放電をしてあげるとよいという記事を見つけて、電源コードを抜く→電源ボタンを押す→電源コードを戻すという方法を試してみると見事直りました。1日中電源を入れていても落ちません。

パソコンの不具合は予想もしない原因で発生している場合もあるので困りますね。


弥生インストラクター更新作業

弥生のインストラクター資格は毎年この時期に更新を行います。

12月中旬に告知が来て、翌年1月末までに更新テキストを読み、チェックシートに回答して送信します。

年末調整の時期とぴったり重なるのでもう少しズラしてほしいなあ。

今回の弥生会計15の主な変更点は、消費税簡易課税の第六種への対応、法人決算書のe-taxの形式への書出し機能の追加です。


ドライブを暗号化

USBメモリを外部に持ち出すことがありますよね。

写真程度なら落としても「しまった!」で済みますが、仕事の資料などは取り返しのつかないことになりかねません。USBメモリを暗号化しておけば、万一の時にも安心です。

以前は、暗号化ソフトがついたUSBメモリを使っていましたが、いまはWindows8.1 Proに標準でついている「BitLocker」という機能で暗号化しています。

これは、Window7でも、Ultimate、Enterpriseという上級バージョンにはついていたのですが、Windows8では、Windows 8.1 Pro、Windows 8.1 Enterpriseという一般的なバージョンでもサポートされています。

使い方は簡単。暗号化したいUSBメモリをパソコンに挿して、対象メモリを右クリック→BitLockerを有効にする を選択して暗号を設定するだけです。

初期設定は上記のバージョンのOSが必要ですが、使用する場合はWindows7やWindow8の下位バージョンでも書き込み、削除することが可能です。Vista以下ではかなりの制限がかかりますが、最近はWindows7以上のパソコンを使用されている場合が多いので、とくに問題にならないのではないでしょうか?


PDFをすばやく開く

仕事でPDFファイルを使用することが多いのですが、アップデートをするたびに操作が重くなってきていくような気がして、純正でない互換ソフトでも使おうかと思っていました。

でも、簡単な操作でadobe reader(PDF閲覧ソフト)が軽快になる方法に気がつきました。

ファイルを開いた後に右側の「ツール」ボタンをクリックしてツールバー?を非表示にするだけです。次回からは非表示のままファイルが開きます。こうすると驚くほど速くPDFが開きます。おまけに右側が広くなるのでPDFも画面いっぱいに表示されます。

PDFが重いと感じておられる方は一度お試しください。