ドライブを暗号化

USBメモリを外部に持ち出すことがありますよね。

写真程度なら落としても「しまった!」で済みますが、仕事の資料などは取り返しのつかないことになりかねません。USBメモリを暗号化しておけば、万一の時にも安心です。

以前は、暗号化ソフトがついたUSBメモリを使っていましたが、いまはWindows8.1 Proに標準でついている「BitLocker」という機能で暗号化しています。

これは、Window7でも、Ultimate、Enterpriseという上級バージョンにはついていたのですが、Windows8では、Windows 8.1 Pro、Windows 8.1 Enterpriseという一般的なバージョンでもサポートされています。

使い方は簡単。暗号化したいUSBメモリをパソコンに挿して、対象メモリを右クリック→BitLockerを有効にする を選択して暗号を設定するだけです。

初期設定は上記のバージョンのOSが必要ですが、使用する場合はWindows7やWindow8の下位バージョンでも書き込み、削除することが可能です。Vista以下ではかなりの制限がかかりますが、最近はWindows7以上のパソコンを使用されている場合が多いので、とくに問題にならないのではないでしょうか?